債務整理の説明

もし多額の借金を抱えてしまい、返済ができなくなってしまった場合は、どうすればよいでしょうか。


こんな時に役立つのが「債務整理」です。
債務整理とは、無理のない生活を送ることができるよう借金苦から解放してくれる、法律で守られた借金返済の解決方法です。
その方法は、「任意整理」「民事再生」「自己破産」などいくつかありますが、借金を抱えている人の事情や考え方によって方法を選択することになります。


例えば、借金をすべてなくしたいと考えている人、借金の額をまずは減らしゆくゆくは完済したいと考えている人、マイホームだけは手放したくないと考えている人などによって、その方法は異なります。
また、それぞれの方法は当然のことながらメリット、デメリットも異なります。
ただし、いずれの方法でもブラックリストに載ってしまうことは避けられません。
しかし、どの方法をとっても会社など周囲に黙って手続きすることは可能です。


また、債務整理し借金返済を見直すことでお金が戻ってくるケースもあります。
それはお金を払いすぎてしまっているケースです。
これは過払い金といって、それまで支払ってきた高い利息と本来支払うべき利息の差分額のことで、返してもらうことができます。


この戻ってきた額で借金が大幅に減額されることもあるので、大変重要なことです。
利息は法律で上限が決められており、この上限を超えて利息を支払っていた場合に過払い金が発生します。
過払い金は、実際にはなかなか気がつかないので、債務整理をすることで気がついたというケースが多いのが現状です。




◎特選サイト
債務整理による借金返済の解決方法をアドバイスしてくれるサイトです > 債務整理の方法

Copyright © 2014 債務整理の概要 All Rights Reserved.